豊田市の税理士事務所、加藤裕税理士事務所。相続税、相続対策、贈与税、土地譲渡、法人税、所得税の問題は、当事務所にお任せください。

愛知県豊田市の税理士、加藤裕税理士事務所です。相続税、相続対策、贈与税、土地譲渡、法人税、所得税など税に関する問題は、当事務所にお任せください。

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

   

平成27年1月の相続税改正により基礎控除額が大幅に縮減され、相続税の対象となる者が増加しています。
 Office-Katoでは、依頼人と共に生前における相続税対策をこれまで沢山取り組んできました。
  相続税対策と平行して相続開始以後に相続手続きが円滑に図られるよう公正証書遺言の作成も公証人と事前に打ち合わせを行い実現しています。相続税対策、遺言書作成・・何れも一朝一夕には実現できません。
 少しでも早くから対策をすることで効果があるのです。一緒に解決していきましょう。








■仮想通貨取引と税金

国税庁は2017年12月1日、ビットコインなど仮想通貨に関する所得の計算方法を具体例で説明する「Q&A」を同庁のホームページで公表。取引で生じる利益は原則としてFXや株式投資などと同じ分類である「雑所得」にあたり所得税の課税対象になるとの見解を既にまとめているが、市場規模の急拡大や価格高騰を踏まえ、税務上の扱いを明確化することで適正な申告を促している。
サラリーマンの方でも、1月〜12月の1年間で、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨投資による利益が20万円を超えた場、翌年の2月15日から3月15日の間に確定申告をしなければなりません。
OFFICE-KATOでは、「仮想通貨の申告」の相談も受け付けています。

仮想通貨取引が雑所得に入る場合の例
・仮想通貨を売買した利益
・ビットコインをほかの仮想通貨に投資した場合の利益
・マイニングをして報酬として得た利益
・ビットコインを使用して物品を購入した際の確定利益 など

05_cc_banner_300x250.pngaffi_04_300x250.gif

bnr09.jpg bnr010.jpg bnr01.jpg
bnr02.jpg bnr03.jpg