k1-17 of OFFICE-KATO

愛知県豊田市の税理士、加藤裕税理士事務所です。相続税、相続対策、贈与税、土地譲渡、法人税、所得税など税に関する問題は、当事務所にお任せください。

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

仮差押土地売買契約書(仮差押中の土地を売買する場合)


地売買契約書

 売主甲(〇〇〇〇)と買主乙(〇〇〇〇)は、後記土地につき、本日、下記の通り契約した。

第1条  甲は、後記土地を金〇〇〇〇円で売渡し、乙はこれを買受けた。
第2条  甲と乙は、前条の代金のうち、金〇〇〇〇円につき、後記土地に対する仮差押の解放金とすることを合意する。
第3条  甲は、平成〇〇年〇〇月〇〇日までに、前条の仮差押解放金を供託する。
第4条  甲が前条に定める解放金を供託せず、そのため乙が後記土地の所有権を失った場合は、乙は本契約を解除することができる。
第5条  乙が、前条により、契約を解除した場合は、甲は、乙に対し、損害金として金〇〇〇〇円を解除後〇〇日以内に支払う。

 本契約の成立を証するため、本書2通を作成し、甲乙各自1通を保持する。

物件の表示

  公簿面 所在 〇〇県〇〇市〇〇町〇〇丁目 
      地番 〇〇番
      地目 宅地
      地積 〇〇〇.〇〇m2
   平成〇〇年〇〇月〇〇日
                  甲(売主) 住所
                        〇 〇 〇 〇     印

                  乙(買主) 住所
                        〇 〇 〇 〇     印