k1-2 of OFFICE-KATO

愛知県豊田市の税理士、加藤裕税理士事務所です。相続税、相続対策、贈与税、土地譲渡、法人税、所得税など税に関する問題は、当事務所にお任せください。

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

底地の売買契約書(借地権付きの底地の売買)

土地売買契約書

 売主甲(〇〇〇〇)と買主乙(〇〇〇〇)は、後記土地につき、本日、下記の通り契約した。

第1条  甲は、後記土地を金〇〇〇〇円で売渡し、乙はこれを買受けた。
  2  乙は、甲に対し、後記土地の所有権移転登記申請と引換えに前項の代金を支払う。
  3  前項の申請は、平成〇〇年〇〇月〇〇日までに行う。
  4  甲は、前項の期日までに、後記土地につき、抵当権その他一切の負担(ただし、同地上の借地権を除く)を除去して、乙に所有権を移転する。
第2条  後記土地の売買は、公簿面により、現状のまま借地権の制限ある底地として売買するものとし、乙は、甲に対し、後記土地の実測面積の増減及び後記土地上の借地権の存在につき一切異議を申立てない。
第3条  後記土地上の借地権者及びその占有面積(契約による)は、次の通りとする。
 (1) 〇〇〇〇  〇〇〇.〇〇m2
 (2) 〇〇〇〇  〇〇〇.〇〇m2
 (3) 〇〇〇〇  〇〇〇.〇〇m2
第4条  甲は、乙に対し、第1条第3項の期日までに、甲と前条に定める借地人間の賃貸借契約書を引渡す。
  2  甲が借地人より受領した敷金の返還債務は、乙が引受ける。
第5条  地代及び公租公課は、第1条第3項の期日を基準とし、日割計算により、前日までの分を甲の、以後を乙の所得及び負担とする。
  2  前項の金額は、第1条第3項の日に代金の支払とともに清算する。

 本契約の成立を証するため、本書2通を作成し、甲乙各自1通を保持する。

物件の表示

  公簿面 所在 〇〇県〇〇市〇〇町〇〇丁目
      地番 〇〇番
      地目 宅地
      地積 〇〇〇.〇〇m2
   平成〇〇年〇〇月〇〇日
                      甲 住所
                        〇 〇 〇 〇     印

                      乙 住所
                        〇 〇 〇 〇     印