k2-3 of OFFICE-KATO

愛知県豊田市の税理士、加藤裕税理士事務所です。相続税、相続対策、贈与税、土地譲渡、法人税、所得税など税に関する問題は、当事務所にお任せください。

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

機械売買契約書

機械売買契約書

 買主〇〇〇〇株式会社(以下「甲」という)と、売主〇〇〇〇株式会社(以下「乙」という)は、〇〇〇〇機械の売買に関し、下記の通り合意した。

(対象となる機械)
第1条  乙は、次の機械(以下「本機械」という)を甲に売渡し、甲はこれを買受ける。
  (機械の種類の表示)
    〇〇〇〇
(売買代金及び支払方法)
第2条  本機械の売買価格を金〇〇〇〇円也とし、次の方法により支払うものとする。
① 本契約締結時に売買代金の一部として金〇〇〇〇円を支払う。
② 残代金○○○○円は、次条第1、2項記載の引渡と引換えに支払う。
(引渡)
第3条  乙は、平成〇〇年〇〇月〇〇日までに、本機械を(指定場所の記載)にて甲に引渡すものとする。
  2  本機械の引渡は、甲立会のもとでの試運転の結果、甲において次条の性能を有することを認めたときに完了するものとする。
  3  乙は、乙の責めに帰すべき事由により本機械を第1項に規定の期限までに甲に引渡せなかったときは、引渡期限の翌日から引渡完了まで、1日〇〇〇〇円の違約金を支払うものとする。
(品質保証)
第4条  乙は、本機械が仕様書通りの品質及び性能を有することを保証する。
(所有権の移転)
第5条  本機械の所有権は、甲の指定の場所にて引渡が完了した時に、乙から甲に移転する。
(危険負担)
第6条  本機械の甲への引渡完了前に生じた滅失、毀損、価値減少等の損害は、原因のいかんを問わず乙の負担とする。
(解除)
第7条  甲は、以下の事由が生じたときには、乙への書面による通知により、本契約を解除することができる。
① 乙において、理由のいかんを問わず本機械の引渡が不可能となったとき。
② 乙の本機械の引渡の遅延に対し、甲が相当の期間を定めて催告しても引渡がなされなかったとき。
  2  前項に基づき本契約が解除されたときは、乙は、甲から支払を受けた頭金に金利を付して返還するものとする。さらに、本契約の解除が乙の責めに帰すべき事由によるものである場合には、甲はそれによって生じた損害を乙に賠償させることができる。この場合、損害金は支払済金額の3割とする。

 本契約の成立を証するために本書2通を作成し、甲乙各1通を保持する。
   平成〇〇年〇〇月〇〇日
                甲 〇〇県〇〇市〇〇町〇〇丁目〇〇番〇〇号
                  〇〇〇〇株式会社
                  代表取締役 〇 〇 〇 〇     印

                乙 〇〇県〇〇市〇〇町〇〇丁目〇〇番〇〇号
                  〇〇〇〇株式会社
                  代表取締役 〇 〇 〇 〇     印