k3-4 of OFFICE-KATO

愛知県豊田市の税理士、加藤裕税理士事務所です。相続税、相続対策、贈与税、土地譲渡、法人税、所得税など税に関する問題は、当事務所にお任せください。

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

原料取引基本契約書(医薬品)

原料取引基本契約書

 〇〇〇〇株式会社(以下「甲」という)と、〇〇〇〇株式会社(以下「乙」という)とは、医薬品原料(以下「原料」という)の取引に関し、基本的事項を定めるため、次の通り契約を締結する。

(目的)
第1条  乙は、本契約の定めるところに従い甲が発注する原料を継続的に甲に安定供給し、甲はこれを買受けることを約する。
(規格及び試験方法)
第2条  原料の規格及び試験方法は、甲乙別途協議のうえ決定する。
(購入計画)
第3条  原料の購入計画については、甲乙別途協議のうえ決定する。
(取引価格)
第4条  原料の取引価格については、甲乙別途協議のうえ決定する。
(所有権及び危険負担の移転)
第5条  原料の所有権は、甲が〇〇においてその外観、数量の確認を完了した時に乙より甲に移転する。
  2  原料の危険負担は、乙が次条の定めにより納品を完了した時に甲に移転する。
(発注及び納品)
第6条  甲が原料の納入予定日の〇〇ヶ月前までに注文書により発注し、当該注文書に対し乙が注文請書を甲に交付した時点を以て個別契約が成立する。ただし、甲の注文請書の交付がない場合でも、甲の注文書交付後、7日以内に乙が受諾拒否の申出を行わない限り個別契約は成立する。
  2  乙は、前項に定める発注条件により、甲の指定する場所に納品する。なお、運送料は乙の負担とする。
(決済)
第7条  原料の納入締切日は毎月末日とし、その代金は翌月末日支払の振込とする。
(品質管理)
第8条  乙は、本契約締結時に原料の標準書又はこれに準ずる書類(規格、製法等)を甲に提出し、甲の承認を得るものとする。
  2  甲は、必要に応じて製造及び品質の管理状況を実査し、又は品質の管理に関して乙と協議を行うことができる。
  3  乙は、原料が甲乙間で定めた規格に合致していることを保証し、次条記載の範囲内において原料の品質に関する責任を負うものとする。

(検収)
第9条  甲は、納入された原料につき遅滞なく検収を実施するものとし、結果を乙に通知するものとする。ただし、〇〇日以内に通知しない場合は、当該検収に合格したものとする。
  2  前項の検収の結果、甲が不合格と判定した場合及び乙の責めに帰すべき事由による瑕疵を発見した場合は、甲は乙に対し、書面により通知のうえ良品との交換又は代金の減額を請求できる。なお、良品交換に伴う費用は、乙の負担とする。
(特許係争)
第10条  原料に関し第三者から特許法関連の裁判上又は裁判外の請求を受けた場合については、すべて乙の責任において処理する。
(秘密保持)
第11条  甲及び乙は、本契約及び個別契約により知り得た情報、機密を第三者に無断で開示又は漏洩してはならない。
(解約)
第12条  甲又は乙は、相手方が本契約の各条項に違反した場合、相手方に対し当該違反の是正を文書により申入れ、その後〇〇日を経過するもなお是正されない場合は、本契約を解約することができる。
  2  甲又は乙は、相手方が次の各号の一つに該当する時は、相手方に対する何等の催告なしに本契約を解約することができる。
① 差押、仮差押、仮処分又は競売の申立を受けたとき。
② その振出若しくは引受に係る手形又は小切手が不渡になったとき。
③ 破産、民事再生、特別清算又は会社更正等の手続開始の申立があったとき。
④ 解散したとき。ただし、合併による解散を除く。
(変更)
第13条  甲又は乙は、本契約の有効期間中といえども、やむを得ない事情により本契約を変更する必要が生じた時は、甲乙協議のうえ変更することができる。
(不可抗力)
第14条  天災地変、火災、法令の制定改廃その他やむを得ない事由により本契約の履行に支障が生じた場合、これにより損害を被っても、相手方当事者に対し、何等の損害賠償も請求できないものとする。
     なお、この場合、相手方当事者に対し直ちに通知し、その後の取扱いについて協議するものとする。
(有効期間)
第15条  本契約の有効期間は本契約締結日から〇〇年間とし、期間満了〇〇ヶ月前までにいずれの当事者からも何ら申出がない場合は、本契約は更に1年間更新されたものとし、以後も同様とする。
(合意管轄)
第16条  本契約に関し訴訟を提起する場合、第一審裁判所は、甲の本店所在地を管轄する裁判所とする。
(協議解決)
第17条  本契約及び個別契約に定めのない事項については、甲乙誠意をもって協議し、これを解決する。

 本契約の成立を証するため、本書2通を作成し、甲乙記名捺印のうえ各1通を保有する。
   平成〇〇年〇〇月〇〇日
                甲 〇〇県〇〇市〇〇町〇〇丁目〇〇番〇〇号
                  〇〇〇〇株式会社
                  代表取締役 〇 〇 〇 〇     印

                乙 〇〇県〇〇市〇〇町〇〇丁目〇〇番〇〇号
                  〇〇〇〇株式会社
                  代表取締役 〇 〇 〇 〇     印