k7-4 of OFFICE-KATO

愛知県豊田市の税理士、加藤裕税理士事務所です。相続税、相続対策、贈与税、土地譲渡、法人税、所得税など税に関する問題は、当事務所にお任せください。

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

04 使用貸借契約書(土地の使用貸借契約書基本書式)

使用貸借契約書

 貸主甲(〇〇〇〇)と借主乙(〇〇〇〇)は、平成〇〇年〇〇月〇〇日、下記不動産(以下「本貸借物件」という)について、以下の条件で使用貸借契約を締結することで合意した。

(貸借物件)
第1条  甲は、その所有にかかる下記の土地を乙に無償で貸与し、乙はこれを借受ける。


  目的の土地 〇〇〇〇

(使用貸借の期間)
第2条  契約日から2年間
    ただし、期間満了前であっても、甲は、2ヶ月の予告期間をおいて本契約を解除することができる。
(用途等)
第3条  乙は、本貸借物件を自家用車の駐車場として使用する。
  2  乙は、本貸借物件に駐車する自家用車の登録番号を予め甲に届け出なければならない。乙が自動車を変更した場合も同様とする。
(転貸等の禁止)
第4条  乙は、本貸借物件を第三者に転貸・譲渡してはならない。
(契約の解除等)
第5条  乙が本契約の一つにでも反した場合には、甲は、何らの催告なしに、本使用貸借契約を解除することができる。
(原状回復・所有権放棄等)
第6条  本契約終了後、乙は、本貸借物件を直ちに原状に復したうえ、これを甲に返還しなければならない。
  2  前項の返還の際、乙所有の残置物について、乙は、所有権を放棄し、これを甲において処分しても異議を述べない。
(損害賠償)
第7条  乙が本件契約終了後、本件土地の明渡をしないときは、乙は甲に対し、本件土地明渡済まで1日当り金〇〇〇〇円の金員を支払う。



 本使用賃借契約の成立を証するため、本契約書を2通作成し、甲及び乙は各1通を所持する。
   平成〇〇年〇〇月〇〇日
               貸主(甲) 住所
                     氏名 〇 〇 〇 〇     印

               借主(乙) 住所
                     氏名 〇 〇 〇 〇     印