k8-8 of OFFICE-KATO

愛知県豊田市の税理士、加藤裕税理士事務所です。相続税、相続対策、贈与税、土地譲渡、法人税、所得税など税に関する問題は、当事務所にお任せください。

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

08 金銭消費貸借契約書(手形貸付)

金銭消費貸借契約書

                          平成〇〇年〇〇月〇〇日
                  貸主(甲) 住所
                        〇 〇 〇 〇     印

                  借主(乙) 住所
                        〇 〇 〇 〇     印

 甲と乙は、左記の通り金銭消費貸借契約を締結した。



第1条  甲は乙に対し、本日、金〇〇〇〇円を貸渡し、乙はたしかにこれを受領した。
第2条  弁済期限は、平成〇〇年〇〇月〇〇日とする。
第3条  第1条による元金支払のため、乙は、額面〇〇万円、満期平成〇〇年〇〇月〇〇日の約束手形1通を振出して甲に交付し、甲はこれを受領した。
     右手形については、次条に定める利息の支払ごとに書替えるものとする。
第4条  利息は年〇〇パーセントとし、乙は、毎月〇〇日限り当月分を甲方に持参又は送金して支払う。
第5条  期限後又は期限の利益を失ったときは、以後完済に至るまで、乙は甲に対し、残元金に対する年〇〇パーセントの割合による遅延損害金を支払う。
第6条  乙について次の事由の一つでも生じた場合には、甲からの通知催告がなくても乙は、当然に期限の利益を失い、直ちに残債務の全額を支払う。
① 1回でも利息を期限に支払わないとき
② 他の債務につき仮差押、仮処分又は強制執行を受けたとき
③ 他の債務につき競売、破産又は民事再生の申立があったとき
④ 乙の振出し、裏書、保証にかかる手形・小切手が不渡となったとき
⑤ 乙が甲に通知なくして住所を変更したとき

 上記の通り甲乙間に金銭消費貸借契約が成立したので、本契約書2通を作成し、甲乙各1通ずつを保持する。